• 印刷する

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫

インドネシアの国営港湾運営会社プラブハン・インドネシア(ペリンド)2が計画する、首都ジャカルタのタンジュン・プリオク港と西ジャワ州ブカシ県周辺の工業地域を結ぶチカラン内陸運河の建設事業が頓挫している。事業は年内着工の予定だが、複数にわたる省庁の許認可手続きが難航しているためだ。18日付ビスニス・インドネシアとインベスター・デーリーが伝えた。

ペリンド2のダニ取締役(技術・リスクマネジメント担当)は「運輸省の港湾マスタープラン(基本計画)策定が遅れているため、環境影響評価に対して環境・林業省の承認が得られていない」と説明した。農地・都市計画省と西ジャワ州政府に対する手続きや、橋やアクセス道の整備、ガス管の移設といった技術面の課題も残っている。

チカラン内陸運河の建設計画は、国家戦略事業に指定されており、総工費は3兆4,000億ルピア(約266億7,300万円)。第1期は、北ジャカルタ・マルンダ地区を経由する既存の運河を整備し、第2期でタンジュン・プリオク港とブカシ県チカランやチビトゥン、カラワン県チカンペックなどにある工業地域まで運河を延伸する。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/19)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/19)

タックスホリデー8社に付与、財務相発表(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン