不動産投資、新興都市に移行傾向

ベトナム不動産仲介協会によれば、ハノイ、ホーチミン市、中部ダナン市、中南部カインホア省ニャチャン市などに集中していた不動産投資が、2017年以降は新興都市に移行する傾向が現われている。物件の価格上昇が見込めることや、国がインフラ整備に力を入れていることが新興都市の…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

1~7月の完成車輸入、67%減の1.9万台(08/15)

国営VEAM、1~6月は51%増益(08/15)

ハノイタクシー協会、政令改正案に反対(08/15)

ハノイ都市鉄道2A号線、国が運賃補助(08/15)

天虹紡織、貿易戦恐れず生産拡大へ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

国内航空各社、燃料高騰で運賃引き上げ申請(08/15)

韓企業、インフルエンサー利用サービス開始(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン