不動産投資、新興都市に移行傾向

ベトナム不動産仲介協会によれば、ハノイ、ホーチミン市、中部ダナン市、中南部カインホア省ニャチャン市などに集中していた不動産投資が、2017年以降は新興都市に移行する傾向が現われている。物件の価格上昇が見込めることや、国がインフラ整備に力を入れていることが新興都市の…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(18:47)

新競争法、来年7月に施行へ 細則の公開が遅れれば混乱も(10/17)

7~9月の二輪5社販売、2.3%増の86万台(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

旧式バイク排除、排ガス規制へ=HCM市(10/17)

HCM市のコンテナ港、CBU輸入過去最高(10/17)

タンソンニャットのT3、ACV事業を提案(10/17)

韓国公社、越都市鉄道事業拡大へ提携を推進(10/17)

住商のハノイ開発、年内にも着工=地元紙(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン