印の太陽電池輸入制限、マレーシアも対象

インド商工省貿易救済総局(DGTR)は16日、マレーシアと中国から輸入される太陽電池セルとモジュールに最高25%の関税を適用する緊急輸入制限(セーフガード)を同国政府に提案した。マレーシアの国営ベルナマ通信が伝えた。 発動期間は2年で、関税率は1年目が25%、2年目…

関連国・地域: 中国マレーシアインド
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「木下商店」と呼ぶ露天…(08/15)

KL2千万人都市なら高収益 高速鉄道の採算性を試算(08/15)

ソニー、有機ELテレビ「A9F」を発売へ(08/15)

マレーシア首相、17日訪中(08/15)

RM=27.1円、$=4.09RM(14日)(08/15)

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

上場航空4社、1~6月はおおむね業績回復(08/15)

ペトロナス、セネガルで油田権益獲得(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

BMW、ハイブリッド「i8クーペ」を発売(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン