• 印刷する

初の石川県物産商談会、47社・団体が出展

石川県と北國銀行が物産商談会を開き、香港のバイヤー約180人が来場した=19日、尖沙咀東(NNA撮影)

石川県と北國銀行が物産商談会を開き、香港のバイヤー約180人が来場した=19日、尖沙咀東(NNA撮影)

石川県の特産品を売り込む「石川県物産商談会」が19日、香港・尖沙咀東のホテルで開催された。香港で同様のイベントが開かれるのは初めて。計47社・団体が参加し、香港企業を中心に110社、約180人のバイヤーが来場した。

石川県と北國銀行(金沢市)が主催した。県の37社・団体が県産の食品や地酒のほか、職人が製作した漆器などの伝統工芸品を出品。バイヤーらに地酒や県産食品を使った料理を振る舞い、石川県の魅力をアピールした。

薄井青果(金沢市)は、石川県でしか生産していない世界一高いというブドウ「ルビーロマン」を出品した。薄井壮登志専務取締役は「香港での販売価格は1房5,000HKドル(約7万2,000円)以上を想定している。高くても買ってもらえるような特別な品物を、香港の人々に紹介したい」と話した。

石川県物産商談会には、近隣の福井県からもホテルや観光団体の10社・団体がブースを設けた。

商談会後の交流会では、石川県産の地酒の試飲やルビーロマンの試食、もちつきなどのイベントも行われた。

北國銀行海外ビジネス戦略部の中村彰秀課長は、「香港や中国本土の富裕層をターゲットに、石川ブランドを売り込むのが狙いだ。商品をただ紹介するだけではなく、実際の取引につなげ、石川県の魅力を香港の人々に浸透させたい」と意気込んだ。物産商談会は来年以降も継続して開催する予定。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産その他製造小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

週末住宅取引の低迷続く、新築は19戸(12:42)

テイクオフ:気が付けばもう師走。香…(12/17)

4Qの輸出指数、3年で最低 下げ幅縮小も悲観くすぶる(12/17)

19年の輸出5%増へ、伸び4P鈍化=貿発局(12/17)

香港と本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/17)

香港若者の大湾区進出支援、港澳弁主任(12/17)

港股通の実名制、来年1Qに導入へ=SFC(12/17)

反落、主力銘柄で売り広がる=香港株式(12/17)

企業の保険金請求、暴風雨が最大要因=報告(12/17)

銀通、1月からオープンAPI向け基盤開放(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン