• 印刷する

物流アダニが日本郵船と合弁、車の鉄道輸送

インドの財閥アダニ・グループ傘下のアダニ・ロジスティクスは16日、日本郵船(NYK)グループと合弁会社を設立すると発表した。自動車の輸送需要が高まる現地で鉄道輸送を手掛ける。

NYKオート・ロジスティクス・インディア(NALI)と合弁会社を設立し、2019年4月をめどに営業を開始する。社名や投資額、出資比率などは非公開。国内販売向け完成車と輸出用完成車の鉄道輸送を予定する。

アダニ・ロジスティクスはインド国内でコンテナ貨物駅や内陸コンテナ基地の運営、貨物輸送などを展開。NALIは西部グジャラート州ピパバブ港で完成車の物流ターミナルを15年から運営している。合弁会社では両社の知見を集約することで、より効率的で環境に配慮した自動車輸送の体制を構築する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

プラ製品シータイ、越やインド事業を強化(04/19)

テイクオフ:インドのカレーは日本と…(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

タタ自、電気自動車のラインアップを拡充へ(04/18)

EV新興企業、最初の車両を交通局に登録(04/18)

正新のインド工場、19年末にフル稼働へ(04/18)

自動車部品シャルダ、ドイツ企業と合弁(04/18)

クボタのトラクター販売3割増、1万台強に(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン