インフレ加速、影響じわり 年4%維持へ公共料金を抑制

6月の消費者物価指数(CPI)上昇率が同月としては2012年以降で最も高い前月比0.61%を記録し、企業活動にも影響が出始めている。上半期(1~6月)の平均値は3.29%に拡大しており、政府は国家目標である年平均4%を維持するため公共交通料金や医療費などの抑制に向け政策動…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アヤラ、ベトナムの太陽光発電の容量拡大(19:51)

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

1~7月の完成車輸入、67%減の1.9万台(08/15)

国営VEAM、1~6月は51%増益(08/15)

ハノイタクシー協会、政令改正案に反対(08/15)

ハノイ都市鉄道2A号線、国が運賃補助(08/15)

天虹紡織、貿易戦恐れず生産拡大へ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

国内航空各社、燃料高騰で運賃引き上げ申請(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン