台プラが4%賃上げ、過去2番目の高水準

台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)は16日に開いた年度会議で、従業員の賃金を7月から月平均4%引き上げると決定した。1人当たり平均2,100台湾元(約7,700円)の賃上げとなる。同社は4年連続で3%以上の賃上げを実施しており、上げ幅は過去2番目の高水…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学天然資源雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

機能性とサステ素材が強み 台湾・繊維イノベーション(3)(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

達興材料が台中に新工場、封止材を生産(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

群創のスマホ用タッチパネル、日系が採用(12/13)

欣興電子、中台で基板用ABFの生産拡張へ(12/13)

米HP、台湾のノートPCシェア1割超目標(12/13)

ゴゴロの電池利用二輪車、販売シェア26%(12/13)

石化の長春集団、環境対応策を推進(12/13)

義美食品、来年に台湾最大のタピオカ工場(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン