• 印刷する

18年の経済成長率7%、中銀予測

カンボジア中央銀行は、2018年度の実質国内総生産(GDP)が前年比7%増になるとの見通しを示した。工業の伸びがけん引する見込み。クメール・タイムズ(電子版)が16日伝えた。

中銀は工業が10.2%、サービス業が6.5%、農業が2.0%成長すると予測。工業は、建設、縫製品・履物、製造が堅調に成長するという。天候に恵まれているため、コメの生産量は7%増加が見込まれる。ゴムの生産量は6%伸び、輸出は前年比21%と大幅に増加する。主要ゴム生産国(タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム)の協調減産が追い風となる。

中銀のチア・チャント総裁は「投資家の信頼と世界経済の回復、堅調な国内需要」を順調な経済成長の理由に挙げた。18年の1人当たりGDPは1,563米ドル(約17万6,000円)に増え、外貨準備高は100億米ドルに達するとの見方も示した。

カンボジアの経済成長については、アジア開発銀行(ADB)や国際通貨基金(IMF)も同様の見通しを示している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン