19年の最低賃金8350ウォン 10.9%上昇、零細企業の負担増に

韓国の最低賃金委員会は14日、2019年の最低賃金を今年より10.9%高い8,350ウォン(約830円)で確定した。16.4%上昇した今年に比べ、上昇幅は縮小したものの2年連続での2桁増となった。文在寅(ムン・ジェイン)政権は20年までに時給1万ウォンにまで引き上げる公約を掲げており…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

7月新規車両登録は29%減 乗用車と商用車がともに不振(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

韓企業、インフルエンサー利用サービス開始(08/15)

新韓銀行、サムスンペイ・プリペイドを開始(08/15)

ニュースPICK UP(08/15)

韓国企業と工業地域開発へ ヤンゴン南西部、管区政府が覚書(08/14)

テイクオフ:当地でエレベーターに閉…(08/14)

ハンファ、2兆円強を投資 太陽光や石化など4分野を育成へ(08/14)

景気先行指数、15カ月連続下落=OECD(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン