19年の最低賃金8350ウォン 10.9%上昇、零細企業の負担増に

韓国の最低賃金委員会は14日、2019年の最低賃金を今年より10.9%高い8,350ウォン(約830円)で確定した。16.4%上昇した今年に比べ、上昇幅は縮小したものの2年連続での2桁増となった。文在寅(ムン・ジェイン)政権は20年までに時給1万ウォンにまで引き上げる公約を掲げており…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

化粧品「THREE」、韓国で百貨店に初出店(14:11)

テイクオフ:冬から春へと季節が移ろ…(04/23)

中国ゲーム規制が韓国に波紋 テンセントリスクが浮上(04/23)

再エネ40年に30%台、電力基本計画案(04/23)

生産者物価指数、3月は0.1%上昇(04/23)

韓国製造業、36%が「上期は営業減益」(04/23)

3月ICT輸出16.3%減、全分野でマイナス(04/23)

現代自、印でEVの部品調達を模索(04/23)

バンコクエア、ロッテと空港免税店運営狙い(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン