• 印刷する

世銀、高等教育と道路資産管理を支援

世界銀行は12日、カンボジアの産業開発に向けた高等教育の改善と、首都プノンペンと南部シアヌークビル自治港(PAS)を結ぶ国道4号線改修に関する支援に合意したと発表した。

「高等教育機関の能力向上プロジェクト(HEICP)」では、科学技術、工学、数学、農業などの高等教育の水準を高め、カンボジアの産業を労働集約型から知識集約型に転換させるために支援する。主な支援内容は、研究資金の提供や、教室や研究所の拡張、学生寮の建設など。期間は6年で、融資額は9,000万米ドル(約100億円)。

「第2期道路資産管理プロジェクト(RAMP2)」では、1億1,000万米ドルを追加融資する。路肩の整備や排水路、橋の設置など、安全性の向上と悪天候への対応力強化を図る。

融資はいずれも、世銀グループの国際開発協会(IDA)を通じて行う。無利子で、返済期間は38年。6年間の支払猶予期間を設定している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

18年の道路補修費1.6億ドル 公共事業省、過積載車両にもメス(01/24)

中国と覚書8件、インフラ支援多く(01/24)

環状道路周辺に工場・倉庫移転、首都が計画(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

ルセイケオの工場閉鎖、労働者1400人が抗議(01/24)

中学中退者向け再教育、ネットを活用(01/24)

児童暴力防止に2.2億円供与、日本政府(01/24)

内務省、フェイスブックと意見交換(01/24)

BIDV保険、銀行窓販が好調で増収(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン