海外からの資本流入額が増加、利上げ効果で

インドネシア中央銀行は、6月29日に政策金利の7日物リバースレポ金利を5.25%に引き上げて以降、海外からの資本流入額が増加、利上げの効果が表れていると明らかにした。13日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 中銀金融市場開発局のナナン局長は「過去数日間で、海外からの資本流…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

輸出入の電子システム、1月から一斉運用(12:29)

ボゴール植物園、18日から営業再開(20:49)

阪急阪神、プラザインドネシアと協力覚書(20:49)

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン