• 印刷する

〔雨季乾季〕阿部寛さん、マレーシアで台湾映画撮影

俳優の阿部寛さんが出演する台湾映画「夕霧花園」(トム・リン監督)が先ごろ、マレーシアでクランクインした。

マレーシア出身の小説家、タン・ワンエン氏の同名小説を映画化。第二次大戦後のマレーシアを舞台に、旧日本軍の捕虜だった女性と日本人庭師の交流を描く。阿部さんは、台湾を拠点に活躍するマレーシア人女優リー・シンジエさんとともに主演する。

地元紙サンによると、阿部さんは先ごろ、クアラルンプール市内で開催された制作記者会見に出席。英語が苦手だという阿部さんだが、今回の映画ではセリフの9割が英語だという。「(自身が演じるのは)主人公の女性に心の平安をもたらす庭師の役。戦争で傷ついたふたりの交流を描きたい」と話した。

同作品は、ケーブルテレビ局のHBOアジアや、マレーシア国立映画開発公社(FINAS)などが共同制作。パハン州キャメロンハイランドをはじめ、マレーシア各地で撮影する。公開は来年の予定。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 観光メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビの中のキャスター…(12/19)

11月の新車販売1.8%減 乗用車、2カ月連続4万台超え(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

RM=26.9円、$=4.17RM(18日)(12/19)

スコミ、ムンバイのモノレールで契約解除(12/19)

金融CIMB、高速運営PLUSに法的措置(12/19)

タクシー専用配車アプリ、2種類登場(12/19)

投資WZサトゥ、複線電化で1.3億リンギ受注(12/19)

公営住宅の賃貸契約期間、外国人は最長2年に(12/19)

EPFとPNB、英バタシー2期買収完了へ(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン