• 印刷する

フリーポート株51%の取得で合意=大統領

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は12日、米鉱業大手フリーポート・マクモランの子会社フリーポート・インドネシアの株式51%を国営アルミニウム製造インドネシア・アサハン・アルミニウム(イナルム)が取得することで合意したと明らかにした。これにより、イナルムにフリーポート・インドネシアの経営権が移譲される。

同日付ジャカルタ・ポスト(電子版)によると、大統領はイナルムからフリーポート・マクモランと合意したとの報告を受け「紆余(うよ)曲折を経たが、フリーポート・インドネシアの持ち株比率をこれまでの9.36%から51%に引き上げることができた。政府はこれまでより多くの歳入やロイヤルティーを得ることができる」と、3年半におよぶ交渉の成果を強調した。

大統領は、株式の取得額などについては明らかにせず、「リニ国営企業相、スリ財務相、ジョナン・エネルギー・鉱物資源相に詳細の詰めを一任している」と話した。


関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地に来たばかりのころ…(09/26)

8月の二輪販売は56.8万台 AISI、通年販売台数は堅調(09/26)

東ガス、ボイラーエネルギーで3社と提携(09/26)

日産自動車、現法新社長に関口氏就任へ(09/26)

群馬銀、自動車部品キャッツ現法に6千万円(09/26)

ベンツ、19年半ばに電気自動車を発売へ(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

中国・中天科技、光ケーブル工場を開所(09/26)

米中貿易摩擦、石化各社も東南アにシフト推進(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン