• 印刷する

フリーポート株51%の取得で合意=大統領

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は12日、米鉱業大手フリーポート・マクモランの子会社フリーポート・インドネシアの株式51%を国営アルミニウム製造インドネシア・アサハン・アルミニウム(イナルム)が取得することで合意したと明らかにした。これにより、イナルムにフリーポート・インドネシアの経営権が移譲される。

同日付ジャカルタ・ポスト(電子版)によると、大統領はイナルムからフリーポート・マクモランと合意したとの報告を受け「紆余(うよ)曲折を経たが、フリーポート・インドネシアの持ち株比率をこれまでの9.36%から51%に引き上げることができた。政府はこれまでより多くの歳入やロイヤルティーを得ることができる」と、3年半におよぶ交渉の成果を強調した。

大統領は、株式の取得額などについては明らかにせず、「リニ国営企業相、スリ財務相、ジョナン・エネルギー・鉱物資源相に詳細の詰めを一任している」と話した。


関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

トヨタ車ディーラー、スマトラ島に6店開設(12/19)

ガルーダ、スリウィジャヤの航空券販売開始(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン