• 印刷する

鹿島、ダナンに国内3軒目のホテル新設へ

ベトナムを拠点とする米国系不動産投資会社、インドチャイナ・キャピタルと鹿島の合弁会社インドチャイナ・カジマ・デベロップメント(ICCカジマ)は、ベトナム中部ダナン市にホテル建設用地の取得を完了した。同社の「ウインクホテルズ」ブランドは国内3カ所目となり、2021年初めの開業を目指す。ベトナム・エコノミック・タイムズが伝えた。

新ホテルの建設予定地は、ダナンに流れるハン川沿いのチャンフンダオ通りで、ソンハン橋とドラゴン橋の間。25階建ての建物は、エンターテインメント施設や飲食店などを兼ね備える複合施設となる予定で、客室数は70室のスイートタイプのサービスアパートメントを含む全322室の大型ホテルとなる。

プロジェクト総額は4,000万米ドル(約44億5,000万円)に上る。ICCカジマは現在、ホーチミン市とダナン市に同ブランドホテルを建設中で、それぞれ19年第4四半期(10~12月)、20年第1四半期(1~3月)にオープン予定。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(19:18)

新競争法、来年7月に施行へ 細則の公開が遅れれば混乱も(10/17)

7~9月の二輪5社販売、2.3%増の86万台(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

旧式バイク排除、排ガス規制へ=HCM市(10/17)

HCM市のコンテナ港、CBU輸入過去最高(10/17)

タンソンニャットのT3、ACV事業を提案(10/17)

韓国公社、越都市鉄道事業拡大へ提携を推進(10/17)

住商のハノイ開発、年内にも着工=地元紙(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン