12日指数は反発、アジア株高に連れ高

12日の台湾株式市場で加権指数は反発。終値は前日比61.54ポイント(0.58%)上昇し10,738.38ポイント、売買代金は1,315億1,700万台湾元(約4,840億円)だった。 米中貿易摩擦が金融市場の懸念材料となる中、集中市場ではこのところアジア株式市場の動向に連れる形で、投資家の対リ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

オーバイクの駐輪問題、台湾大が民事訴訟提起へ(20:03)

テイクオフ:中秋節前の休日、暇つぶ…(09/25)

【アジアで会う】田中佑典さん プロデューサー 第221回 カルチャーで日台を結ぶ(日本)(09/25)

【アジアの果物流通最前線】品質強化で日本の消費者をつかめ 台湾マンゴー、流通現場からの提言(09/25)

和大、トヨタのHV向けにギアボックス供給か(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

床材の美テツ、19年2Qにも東莞でSPC量産(09/25)

正隆のベトナム新製紙工場、12月にも量産開始(09/25)

カフェなど併設、複合式クリーニング店増加(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン