求職者の信用情報確認が急増、選考基準に

香港で求職者の信用情報を問い合わせる企業が増えている。信用情報機関の米トランスユニオンによると、2017年に同社が香港企業に提供した求職者の信用情報は前年比で約3割増加した。企業が信用情報を選考基準に加えていることが背景にある。12日付香港経済日報が伝えた。

信用情報の問い合わせが増えている業界は、資産や病歴など顧客の敏感な個人情報を扱うことの多い金融や医薬品、IT、小売り、カジノなど。企業は主に求職者の毎月の支出状況などを見て、信用できる人物かどうかなどを確認しているという。

トランスユニオンの幹部は「重要な個人情報を扱う企業にとって信用情報は、求職者の人柄などを判断する上で選考の指標となる」と指摘した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:香港在住の日本人同士で…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

貿易戦争で香港経済減速も 政府予測、下期に最大0.3Pか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

2Q成長率4.4%に上方修正、香港大予測(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

続伸、内需関連とIT銘柄が好調=香港株式(07/16)

SFCが企業買収ルール改正、違反で賠償も(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン