• 印刷する

テンセント、ゲームソフト世界大手に出資

香港上場でインターネットサービス大手の騰訊(深セン市、テンセント)が、ゲームソフト世界大手の米アクティビジョン・ブリザードに出資したことが分かった。アクティビジョン・ブリザードの筆頭株主で、フランスのメディア企業であるヴィヴェンディから株式約6%を取得した。取得額は約5億米ドル(約490億円)に上るとみられる。29日付第一財経日報などが伝えた。

テンセントは2011年、世界で最も人気がある対戦型オンラインゲームと言われる「League of Legends(LOL)」を開発した米ライオット・ゲームズを21億6,800万元(約345億円)で買収し、12年には3Dゲームエンジン「アンリアル・エンジン」で知られる米エピックゲームズの株式48.4%を3億3,000万米ドルで取得するなど、買収を通じて人気ゲームブランドと開発技術の取得を積極的に行っている。これまで投資した海外ゲーム企業は30社に上る。

アクティビジョン・ブリザードは、ゲームの販売・宣伝などを手掛ける大手ゲームパブリシャーの米アクティビジョンと大手ゲームメーカーの米ブリザード・エンターテイメントが07年に合併して設立された企業。13年1~3月の純利益は前年同期比18.8%増の4億5,600万米ドル、売上高は13%増の13億2,400万米ドルだった。

<深セン>


関連国・地域: 中国-深セン米国欧州
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道(04/22)

対カンボジア貿易巡り対立 米中、「貢献度」互いに譲らず(04/22)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:「鶏肉ご飯にしますか、…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も(04/22)

21品目を追加関税適用除外に 米通商代表部、計85品目に拡大(04/22)

バンダル・マレーシア再開、中国社も参加(04/22)

中国系ホテルが垂れ流しか、南部リゾートで(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン