バンドン高速鉄道事業で民間5社が損賠訴訟

インドネシアの首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道事業で、民間企業5社が所有地の売却などをめぐり十分な補償を受けていないとして、事業主体のインドネシア中国高速鉄道社(KCIC)を相手に総額2兆200億ルピア(約156億円)の支払いを求める損害賠償訴訟をこ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクの高架鉄道(B…(03/27)

【EV化に挑む】二大ニッケル産出国に明暗 製錬所誘致、隣国先行で比に焦り(03/27)

ホンダ、5年ぶり完成車輸出 2021年に四輪の輸出額を倍増へ(03/27)

MRT運賃、10キロ1万ルピアで決定(03/27)

情報通信レカム、同業FTの海外現法を買収(03/27)

情報通信レカム、同業FTの比法人など買収(03/27)

クラウドクレジット、水力発電の貸付開始(03/27)

ガルーダ、ボーイング社の説明会に不参加(03/27)

エアアジア、今年の目標乗客数は15%増(03/27)

国内初の風力発電所、設備容量を増強へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン