バンドン高速鉄道事業で民間5社が損賠訴訟

インドネシアの首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道事業で、民間企業5社が所有地の売却などをめぐり十分な補償を受けていないとして、事業主体のインドネシア中国高速鉄道社(KCIC)を相手に総額2兆200億ルピア(約156億円)の支払いを求める損害賠償訴訟をこ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

19年の州最低賃金、33州で決定(11/19)

9月の対外債務、前年同月比4.2%増に減速(11/19)

ダイハツ小売り台数、1~10月は16万台(11/19)

五菱、独立機関による衝突試験の評価に反論(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン