台湾虎航、機内持ち込み荷物で超過料金徴収へ

航空台湾最大手、中華航空(チャイナエアライン)傘下の格安航空会社(LCC)、台湾虎航(タイガーエア台湾)は10月28日から、機内持ち込み手荷物の検査を強化する。手荷物の個数や重量が同社の規定を超えた場合は、乗客から荷物1個当たり1,000台湾元(約3,700円)を徴収する。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸・倉庫観光・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:会員向けのポイントカー…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

トレノケートが台北に拠点 クラウド活用、現地企業と戦略提携(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

大立光電、2Q純利益は前期比37%増(07/16)

FPCの毅嘉が林口工場を拡張、4Q量産へ(07/16)

アップルの中国ファンド、台湾4社も参画(07/16)

鴻海系eLux、マイクロLEDで知財権取得(07/16)

アパレル各社、生産拠点の分散促進(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン