• 印刷する

オフィス賃貸料、デリー中心部は世界9位

米不動産仲介大手CBREによると、インドの首都ニューデリーの中心部コンノート・プレイスの年間賃貸コストは、1平方フィート(約0.093平方メートル)当たり153米ドル(約1万7,000円)で、世界9位だった。前回の10位から1ランク上昇した。PTI通信が11日に伝えた。

CBREは世界の主要都市のオフィス賃貸コスト(地方税や管理費含む)を調査し、ランキングを作成した。

インドではほかに、西部マハラシュトラ州ムンバイの金融街バンドラ・クルラ・コンプレックス(BKC)とビジネス街ナリマン・ポイントが、それぞれ26位(1平方フィート当たり96.51米ドル)と37位(同72.8米ドル)に入った。BKCは前回調査から10ランク、ナリマン・ポイントは7ランク低下した。

世界トップは香港(セントラル)で、賃貸コストは306.57米ドル。2位はロンドン(ウエストエンド)、3位は中国の北京(金融街)だった。東京(丸の内・大手町)は8位に入っている。

CBREによると、2018年3月時点の高級オフィスの賃貸コストは、世界全体で前年比2.4%、アジア太平洋地域では同1.7%上昇した。CBREのインド・東南アジア部門でトップを務めるアンシュマン・マガジン氏は、国内の高級オフィス市場について、「金融、IT、電子商取引(EC)分野の需要が大きいことが、賃貸コストの上昇につながっている」との見解を示している。


関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

CPI上昇率、11月は2.33%に鈍化(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

10月の鉱工業生産指数、8.1%上昇(12/14)

エコカー補助金、第2期は来年4月見通し(12/14)

商用車アショク、イスラエル軍需企業と提携(12/14)

車の強制保険、個人事故補償を分離(12/14)

ごみ処理ブループラネット、インド企業買収(12/14)

NECが南部でスマート都市向け事業(12/14)

通信BSNL、昨年度は800億ルピーの赤字(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン