現代自社長、決裁文書の電子化を指示

韓国・現代自動車の李元熙(イ・ウォンヒ)社長は11日、「働き方のパラダイムを変える時」としながら、手書きでサインする紙の決裁文書をなくし、電子決裁に一本化する方針を示した。 李社長は、手書き署名の文書はやむを得ない場合を除き、公式文書として活用しないと述べた。従…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(13:47)

50周年の斗山産業車両、22年売上高1500億円(14:11)

テイクオフ:スポーツの国際大会で自…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

韓国中小のベトナム進出拡大 輸出は国別2位、現地日系に供給も(07/16)

19年の最低賃金8350ウォン 10.9%上昇、零細企業の負担増に(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

SKが米企業買収、バイオ医薬品部門を強化(07/16)

公取委、サムスンバイオを公示違反で告発へ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン