• 印刷する

岡山にあだ名を、県のPRに大きな反響

香港―岡山間の航空便をPRする岡山県のキャンペーンで、交流サイト(SNS)上で香港市民から岡山県のあだ名を募る企画が大きな反響を呼んでいる。1カ月余りで約670件の応募が寄せられ、企画したPR会社は手応えをつかんでいる。

キャンペーンは香港の航空会社、香港航空が週2便運航している直行便をアピールするのが目的で、抽選で同区間の航空券などを贈るもの。SNS「フェイスブック」のコメント欄に岡山県のあだ名と名付けの理由を書き込むことを応募条件にした。

コメント件数は6月1日の募集開始から1週間ほどで約400件に達し、7月12日正午時点では676件。モモやブドウといった岡山名産の果物に関するあだ名が多く寄せられ、「いいね!」をした人は1,491人、シェアは749件に上っている。

企画したPR会社のコンパスコミュニケーションズによると、あだ名をつけるには県について調べる必要があることから岡山を知ってもらう機会になるとして、現地スタッフのアイデアを採用した。SNS上での自治体のPRはコメント、いいね!がともに100件に達すれば成功といい、木邨(きむら)千鶴マネジングディレクターは「ユーモアある香港人の目線に合わせた企画としたことがヒットにつながったようだ」と分析している。キャンペーンは7月15日まで。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 運輸IT・通信観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:気が付けばもう師走。香…(12/17)

4Qの輸出指数、3年で最低 下げ幅縮小も悲観くすぶる(12/17)

19年の輸出5%増へ、伸び4P鈍化=貿発局(12/17)

香港と本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/17)

香港若者の大湾区進出支援、港澳弁主任(12/17)

港股通の実名制、来年1Qに導入へ=SFC(12/17)

反落、主力銘柄で売り広がる=香港株式(12/17)

企業の保険金請求、暴風雨が最大要因=報告(12/17)

銀通、1月からオープンAPI向け基盤開放(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン