IT大手のウェブ漫画事業、赤字顧みず投資

韓国IT大手のネイバーやカカオが、それぞれウェブ漫画(ウェブトゥーン)事業で赤字を出しながらも積極的な投資を続けている。利益の追求よりもまずは利用者増へ基盤を築く戦略で、すでに日本やタイ、台湾などアジアを中心に人気を集めている。12日付韓国経済新聞が伝えた。 漫…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信サービス観光メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン