IT大手のウェブ漫画事業、赤字顧みず投資

韓国IT大手のネイバーやカカオが、それぞれウェブ漫画(ウェブトゥーン)事業で赤字を出しながらも積極的な投資を続けている。利益の追求よりもまずは利用者増へ基盤を築く戦略で、すでに日本やタイ、台湾などアジアを中心に人気を集めている。12日付韓国経済新聞が伝えた。 漫…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信商業・サービス観光・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:美の基準が変わってきて…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

5G、通信3社が同時の船出 米国勢に次ぐ商用化へ(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

現代自の1~6月販売、8%減の1.6万台(07/19)

韓国ミニストップ、売却説を否定(07/19)

公取委がコンビニ各社調査か、加盟契約巡り(07/19)

韓国企業、越で地盤改良技術の特許登録(07/19)

新世界グループ、江南に免税店をオープン(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン