オフィス空室率、9.4%へ大幅下落

不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)の調査によると、2018年第2四半期(4~6月)における国内のオフィス空室率が9.4%へ大幅に下落したことが分かった。シドニーとメルボルンの中央商業地区(CBD)でオフィススペースの需要が増加していることが要因。…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イラン人の友人と散歩に…(08/15)

豪電力企、日本と石炭火電計画 4年半で千MW規模も(08/15)

豪新エネ政策、与党連邦議員総会で承認(08/15)

各地で貯水量低下、シドニー淡水施設稼働も(08/15)

APA、香港CKIの買収案受け入れへ(08/15)

豪政府、法制化済み法人税減税案のみ公約に(08/15)

資源業の技術者不足が深刻に、学生数が急減(08/15)

豪7月の企業景況感、17年5月ぶりの低水準(08/15)

豪リンク、香港で投資家向けアプリ配信(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン