車両購入権の割り当て、8~10月は13%増

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は12日、8月から10月までの車両購入権(COE)割当量を前期(5~7月)比12.5%増の2万7,683台にすると発表した。1カ月平均のCOE枠は9,225台となる。割当量の増加は5四半期ぶり。 1カ月平均の内訳は、割当量が最も多い小型車のA型…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新居への引っ越しを機に…(11/19)

千葉・三重知事が県産品をPR 農産物出荷拡大、かき輸出目指す(11/19)

10月輸出は8%増、前月から伸び横ばい(11/19)

米国と連携強化、インフラやサイバー防衛で(11/19)

宝印刷、地場の翻訳通訳会社を買収(11/19)

東京センチュリー、新会社設立(11/19)

グラブ、来年初めにも海外送金サービス開始(11/19)

株価続伸、セムコープは2.3%高(11/19)

シンガ高級米メーカー、首都で精米所建設へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン