• 印刷する

W杯絡みのサッカー賭博、既に300件摘発

中国公安省は11日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が6月14日に開幕して以降、W杯を対象とした違法賭博行為を全国で約300件摘発し、賭博に関与する100以上の犯罪グループを取り締まったと発表した。摘発された事件だけで10億元(約168億円)を超える賭け金が動いていたとみられる。

公安省によると、摘発された事件で目立つのが、海外の賭博サイトの仲介役となり手数料収入を稼ぐケース。各地方の公安当局による逮捕者は、それぞれ北京市で46人、上海市で14人、遼寧省瀋陽市で18人、貴州省貴陽市で70人、広東省仏山市で107人などに上る。いずれの事件も1,000万元~1億元以上の賭け金が動いていたという。

公安省は今年に入り、賭博サイトやサッカーを対象とした賭博行為の捜査を強化。W杯開幕前までに賭博サイトを利用した違法な賭博行為を約2,500件摘発していた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

緯創、インドに第3工場建設(11/19)

マンダレー線車両、中国から調達を国会提案(11/19)

来年の輸出マイナスを懸念、業界団体(11/19)

保護主義を懸念、APEC首脳会議で習主席(11/19)

中国支援の鉄道整備、コンサル契約を締結(11/19)

米政府、香港との貿易協力関係維持を明言(11/19)

中国是正で制裁見送りも、米に142項目回答(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン