• 印刷する

SKが人工知能技術開放へ、10月めど

韓国通信大手SKテレコム(SKT)が10月をめどに、自社の人工知能(AI)技術を他社に開放する。自社のAI技術を活用してさまざまなサービスを生み出す生態系の構築を目指す。

同社の広報担当者はNNAの取材に対し、「詳細は決まっていない」と説明したが、同社の音声認識AIスピーカー「ヌグ(NUGU)」に使われた技術を中心に開放することになりそうだ。

同社は11日、照明機能の付いた円筒型AIスピーカー「ヌグキャンドル」を公開した。設定したアラーム時間の30分前になると、照明機能が自動作動し、部屋を少しずつ明るくする。

18日には、自動車に備え付けられるボタン型の「ヌグボタン」を公開する予定だ。従来の呼び出し式ではなく、ドライバーがボタンを押せば、ナビゲーションが始まるというサービスだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国でオーディオブック…(09/27)

成長する韓国ペット市場 家族化進み、ビジネスの多様化(09/27)

サムスングループ、「循環出資」完全解消(09/27)

19年経済成長率2.5%に鈍化、LG経済研予想(09/27)

スト継続、チェンナイの車工場で(09/27)

経済政策「不確実性」、韓国の指数が悪化(09/27)

短時間労働が増加、過去最高規模に(09/27)

大企業30社が虚偽申告の疑い、検察が捜査(09/27)

現代モービス、車載短距離レーダーを国産化(09/27)

自動車空調のハンオン、マグナ事業部門買収(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン