• 印刷する

SKが人工知能技術開放へ、10月めど

韓国通信大手SKテレコム(SKT)が10月をめどに、自社の人工知能(AI)技術を他社に開放する。自社のAI技術を活用してさまざまなサービスを生み出す生態系の構築を目指す。

同社の広報担当者はNNAの取材に対し、「詳細は決まっていない」と説明したが、同社の音声認識AIスピーカー「ヌグ(NUGU)」に使われた技術を中心に開放することになりそうだ。

同社は11日、照明機能の付いた円筒型AIスピーカー「ヌグキャンドル」を公開した。設定したアラーム時間の30分前になると、照明機能が自動作動し、部屋を少しずつ明るくする。

18日には、自動車に備え付けられるボタン型の「ヌグボタン」を公開する予定だ。従来の呼び出し式ではなく、ドライバーがボタンを押せば、ナビゲーションが始まるというサービスだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国国籍の母親とナイジ…(12/17)

スマート工場を3万カ所構築 政府主導、中小企業が対象(12/17)

カカオ、相乗りサービス開始を無期延期(12/17)

韓国の自動車部品オリエント、越で設備拡大(12/17)

双竜自とSKT、自動運転向け地図を開発(12/17)

11月自動車産業、生産と輸出が微増(12/17)

セルラーV2X用端末機、KTが韓国初開発(12/17)

現代自グループ、部品会社に新たな支援策(12/17)

空気清浄機市場が拡大、次々と新製品(12/17)

家電レンタル事業に注力、LG電子(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン