EV普及に130万円の壁 政府は支援策を模索

電気自動車(EV)の普及を巡り、期待と懸念でインドの自動車業界が揺れている。最大の焦点は価格だ。現地では130万円以下の車両を購入するユーザーが全体の7割以上を占めるといわれ、現状200万円以上するEVは購入のハードルが高い。2030年までに新車販売の30%をEVにしたい…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界中で産業に変革をも…(07/17)

鴻海、インド最大のコンテナ港に新工場建設か(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

自動車業界、2年で6千億ルピー投資へ(07/17)

車部品のミンダ、独車載システム企業を買収(07/17)

ヤマハ、新型スクーターを今月下旬に発売(07/17)

二輪バジャジ、1Qはシェア16.3%に拡大(07/17)

地場リチウム電池、電動三輪メーカーに供給(07/17)

仏セメントのビカー、南部と西部に新工場(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン