• 印刷する

テイクオフ:会社のドライバーが忌引…

会社のドライバーが忌引き休暇を申請した。父親が亡くなったというのにすぐに帰省せず、休暇は数日後から。ほかのフィリピン人社員いわく、帰省する旅費がなく困っているのだとか。

会社規定に香典のことは書かれていない。ならば個人で香典を。しかし、現地の相場が分からない。フィリピン人社員に聞いても「包みたいだけあげればよい」と言うだけで、要領を得ない。どのぐらい旅費が必要そうなのかを尋ねると、バスで帰省なら往復で6,000ペソ(約1万2,600円)ほどとのこと。その半分を香典として出すことにした。

社内の有志から香典を募ると、フィリピン人全員を含む大半の社員から集まった。帰る前に礼を言うドライバーの表情を見ると、旅費は調達できたようだ。忌引き休暇明けの月曜日、ドライバーは無断欠勤。一瞬感じた社内の結束感は何だったのだろう。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12:33)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

民間航空庁、国内各空港で年末特別態勢(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン