海外投資機関の8割、中国への投資増を検討

英スタンダード・チャータード銀行の香港法人である渣打銀行(香港)の調べで、8割近い海外機関投資家が、将来的に中国本土への追加投資を検討していることが明らかになった。香港経済日報などが伝えた。 渣打銀行(香港)は3月、人民元を扱う欧州・アジア・北米の投資会社や銀…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

住宅・土地政策に焦点 施政報告、社会の不満解消へ(10/17)

施政報告、議会で行えず=民主派議員が抗議(10/17)

条例改正案の撤回、23日に延期へ(10/17)

米下院、香港人権法可決=近く上院も(10/17)

最低賃金凍結の可能性を否定せず、委員会(10/17)

香港・中国系ハイシャイン、首都で住宅発売(10/17)

JPモルガン幹部、香港からの資金流出否定(10/17)

銀行の資本基準緩和、効果を疑問視も(10/17)

香港の銀行、今は格下げせず=ムーディーズ(10/17)

反発、政策受け不動産銘柄が好調=香港株式(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン