「もつ」肉の輸入制限を緩和へ 米の圧力受け、衛生上の懸念も

ベトナムの農業・地方開発省は家畜の内臓の輸入緩和に向けた法令改正案の策定作業に入った。牛や豚、鶏肉の内臓は、ベトナムで幅広く食用に供されており、輸入緩和は米国が強く求めていた。法案は11月にも国会で成立が見込まれており、消費者にとっては輸入緩和で選択肢が増えると…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

越のカフェ市場、地場に勢い コンカフェ「日本進出も視野に」(11/19)

ビンファスト、電動スクーターの発売延期か(11/19)

地場不動産会社、中部初のスマートオフィス(11/19)

LPG、国内自給率45%どまり(11/19)

SIMカード買い占めも、番号ポータブルで(11/19)

テーゾイ、2年後に家電シェア50%目標(11/19)

新興プランテック、事務所開設(11/19)

長野のAIC、ハノイに日本語学校開校(11/19)

BIDV、新会長にトゥー頭取(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン