「もつ」肉の輸入制限を緩和へ 米の圧力受け、衛生上の懸念も

ベトナムの農業・地方開発省は家畜の内臓の輸入緩和に向けた法令改正案の策定作業に入った。牛や豚、鶏肉の内臓は、ベトナムで幅広く食用に供されており、輸入緩和は米国が強く求めていた。法案は11月にも国会で成立が見込まれており、消費者にとっては輸入緩和で選択肢が増えると…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

インフレ加速、影響じわり 年4%維持へ公共料金を抑制(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

年後半は緩やかなドン安へ=三菱UFJ銀(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

韓国GSが越で整備士教育、潤滑油PRも(07/18)

住友電装、ハイズオン省に第4工場(07/18)

台プラのベトナム製鉄所、19年にフル稼働へ(07/18)

タクシー協会、グラブの試験運用停止を提案(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン