• 印刷する

外食ゼン、FC展開加速で22年に500店体制

日本食レストランなどを展開するタイのゼン・コーポレーション・グループは、2022年に傘下の飲食チェーンの店舗数を現行比2倍の500店に増やす目標を明らかにした。日本料理店と昨年傘下に収めたタイ料理店のフランチャイズ(FC)展開を加速する。11日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

今年3月には22年に計600店体制とする計画を発表していたが、目標をやや引き下げた。現在の店舗数は直営店が100店、FC店が150店の計250店。「アカ(AKA)」「オンザテーブル」「ムシャ」など日本料理店6ブランドと、昨年買収したクレイジー・スパイシーが運営する「タムムア」「ジェオホン」など東北料理店7ブランドを運営している。

22年には直営店150店、FC店350店の計500店とし、年商を今年予測の30億バーツ(約100億円)から100億バーツに引き上げる狙い。海外でのFC店は毎年10店のペースで増設し、22年までに65店になると予測している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:路上に並ぶ顔、顔、顔―…(03/21)

【ポスト軍政】選挙後に交渉残すEEC開発 高速鉄道は未決着、見直しの声も(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

過去4年の投資認可額8兆円、54%がEEC(03/21)

車部品フォーチュン、インド工場が本格稼働(03/21)

ホンダ、セダン「アコード」の新型発表(03/21)

タイ日産、4月1日付で新社長が就任(03/21)

家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で(03/21)

建設プレビルト、不動産開発の事業比35%へ(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン