EU、民主化支援へ1400万ユーロ拠出

欧州連合(EU)は10日、ミャンマーの民主化支援に、1,400万ユーロ(約18億2,200万円)を供与すると発表した。トゥン・トゥン・ナイン計画・財務省次官と、在ミャンマーEU代表部の高官が首都ネピドーで合意書に署名した。

支援金は「民主化へのステップ2」(1,000万ユーロ)と、「マイ・ガバナンス」(400万ユーロ)の2つのプログラム向け。

「民主化へのステップ2」は、民主的選挙の実現が目的。民間団体の連合体が、2020年の総選挙に向けて、選挙制度の改革や選挙プロセスの管理を支援する。前身の「民主化へのステップ1」は、14~17年の民主化移行期に選挙改革を支援した。

「マイ・ガバナンス」は立法、行政機関の政策立案、遂行能力の向上が目的。15年以来、1,200万ユーロが供与されており、今回の合意で供与額は累計1,600万ユーロとなった。

ミャンマー選挙管理委員会(UEC)のキン・マウン・ウー委員長は「ミャンマーの民主化プロセスは、EUを含む国際的な支援を受け、大きく前進している」と語った。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

FMIエア、定期便を運休へ 事業開始6年、継続断念か(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

ダウェー道路建設、タイ政府に融資支援要請(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

大統領、GDP成長率7.6%増と加速を予想(07/19)

消費者保護委、製品の説明書義務付けへ(07/19)

エネ省、年内に海上石油ガス鉱区開発の入札(07/19)

ティラワ特区ゾーンB、区画販売が好調(07/19)

空港の拡張と新設を推進、利用者増に対応(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン