高速道6区間の入札、来年初めまで順次実施

インドネシア公共事業・国民住宅省の高速道路統制庁(BPJT)は、今月16日から来年初めにかけて高速道路6区間の建設工事入札を順次実施する。総延長は327キロメートル、総工費は124兆ルピア(約9,573億円)。11日付インベストール・デーリーなどが伝えた。

ヘリー長官によると、まず16日に中ジャワ州スマラン―ドゥマク間の入札を実施する。総事業費は20兆~21兆ルピアで、一部を国家予算から拠出する。

その他の5区間は、いずれも地場企業などが立案した案件。道路公団ジャサ・マルガなどが立案した西ジャワ州のパティンバン・アクセス高速道路などが含まれる。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:会社の専属運転手にまつ…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

国内初LRTの開業が延期 パレンバン、全面開業は9月(07/16)

山梨県がトップセールス、果物の魅力PR(07/16)

伊藤園、無糖ウーロン茶飲料を販売開始(07/16)

出光興産が潤滑油第2工場建設、8割増産へ(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

フリーポート現法の株式取得に38.5億ドル(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン