スマートシティー、大邱と京畿道始興で研究

韓国国土交通省は9日、データ基盤のスマートシティー研究開発(R&D)事業の実証都市として大邱市と京畿道始興市を選定したと発表した。2022年までの5年間で計1,159億ウォン(約115億円)を投じて8月からスマートシティー国家戦略プロジェクトを本格的に進める。 大邱では都…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新韓カード、レンタルなど新事業を開始(16:31)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(19:02)

中韓路線拡大へ、LCC参入で競争激化も(17:07)

テイクオフ:「魔法の足袋」を買いた…(03/19)

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

サムスンとLG、パネル市場でシェア縮小(03/19)

2月輸出額11.4%減、半導体不振=確定値(03/19)

2月の輸入物価指数3.6%上昇、韓国銀行(03/19)

出前アプリ市場、20年に3800万ドル規模へ(03/19)

現代自動車、部長までの役職を統廃合(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン