• 印刷する

FPT日本法人、横浜にあす事業所開設

ベトナムのICT最大手FPTがあす13日、横浜市に事業所を開設する。同社の日本国内の拠点は7カ所目。進出を支援する横浜市が発表した。

海外向けICT事業を手がける子会社FPTソフトウェアの日本法人FPTジャパン(東京都港区)の横浜事業所となり、中区の大和地所ビルに入居する。開設当初の従業員数は10人で、ソフトウエアや人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、アプリケーションの開発やサービス提供を手がける。

横浜市進出にあたっては、横浜市や神奈川県、日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援を受けており、横浜市が指定する成長分野の市外企業などに対して経費の一部相当額を助成する「横浜市成長産業立地促進助成制度」に申請中という。

FPTジャパンは東京の本社のほか、静岡、名古屋、大阪、福岡、沖縄に拠点を置いている。従業員数は6月時点で計1,013人に上る。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

リオンが空港に騒音観測機、ベトナム初(09/26)

HCM市、公共交通の決済カード統一を計画(09/26)

ビナラインズ、再び株式入札へ(09/26)

ハロン―バンドン高速道、年内に完成へ(09/26)

ダナン市、リエンチエウ港案件を首相に報告(09/26)

カントー高速道路、事業主が融資困難訴え(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

鶴見製作所、HCM市で工場竣工(09/26)

米中貿易摩擦、石化各社も東南アにシフト推進(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン