• 印刷する

民間住宅賃料、上期は3%上昇

香港地場不動産仲介大手の中原地産(センタライン・プロパティーズ)によると、大型民間住宅107物件を対象とした上半期(1~6月)の1平方フィート(約0.09平方メートル)当たりの平均賃料は36.9HKドル(約520円)となり、2017年下半期(7~12月)に比べ2.8%上昇した。上昇は4半期連続で、累計の上昇幅は18.3%に上った。11日付香港経済日報が伝えた。

物件別で最も上昇幅が大きかったのは香港島・太古城(タイクーシン)そばの「康怡花園(コーンヒル・ガーデン)」で、半年で8.1%上昇。以下は香港島・柴湾の「杏花邨」(4.8%上昇)、九龍・藍田の「匯景花園(シーンウエー・ガーデン)」(4.1%上昇)、新界・天水囲の「嘉湖山荘(キングズウッド・ビラ)」(3.5%上昇)と続いた。

第2四半期(4~6月)の平均賃料は1平方フィート当たり36.9HKドルで、第1四半期(1~3月)から2.2%上昇。上昇幅が第1四半期の0.6%を大きく上回っていることから、中原地産のリサーチ部門、中原地産研究部の黄良昇取締役は「賃貸需要が増える夏季の繁忙期に入った」と分析した。

黄取締役は下半期も賃料の上昇基調が続き、通年では約6%値上がりするとみている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:気が付けばもう師走。香…(12/17)

4Qの輸出指数、3年で最低 下げ幅縮小も悲観くすぶる(12/17)

19年の輸出5%増へ、伸び4P鈍化=貿発局(12/17)

香港と本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/17)

香港若者の大湾区進出支援、港澳弁主任(12/17)

港股通の実名制、来年1Qに導入へ=SFC(12/17)

反落、主力銘柄で売り広がる=香港株式(12/17)

企業の保険金請求、暴風雨が最大要因=報告(12/17)

銀通、1月からオープンAPI向け基盤開放(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン