馬英九前総統を在宅起訴、資産売却で

【台北共同】台湾の検察は10日、「準国家資産」とされる国民党の資産などを不当に安く売却したとして、国民党の馬英九前総統ら6人を背任などの罪で在宅起訴した。 台湾政府は2016年に新たな法律を制定し、第2次大戦の敗戦で撤退した日本から国民党が接収した党資産について「準…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台湾人ってどんな暮ら…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

三菱地所が事業拡大 駐在事務所を現法化、海外5カ所目(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

聯発科技「ヘリオA22」、小米新機種に採用(07/19)

南亜、2Q純利益は過去最高=DRAM好況で(07/19)

和泰系の中古車サイト、並行輸入車販売も開始(07/19)

中油の水酸化脱硫施設、行政院が建設停止を承認(07/19)

TAITRA、神脳国際と農産品の中国販売へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン