ブリスオフィス市場に勢い、州経済活性化で

オーストラリア・ブリスベン中央商業地区(CBD)の昨年度(2017年7月~2018年6月)のオフィス不動産取引額が20億豪ドル(約1,644億円)規模となったことが英系不動産仲介業サビルスの調べで分かった。クイーンズランド(QLD)州経済が活性化していることを背景に勢いを取り…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪北部準州、中国との契約数突出(17:37)

今年のIPO、上位6銘柄は平均30%下落(17:37)

テイクオフ:オーストラリアで住宅市…(12/10)

豪州、世界最大LNG輸出国に イクシスが貢献、カタール抜く(12/10)

ヤン州煤業、ヤンコールの株式放出を検討か(12/10)

SA州の蓄電施設、初年度に予想上回る成果(12/10)

華為、豪経由海底ケーブルで通信傍受?(12/10)

通信アクセス法、与野党支持で可決(12/10)

〔政治スポットライト〕R&D税控除プログラム、総選挙の争点に(12/10)

Basiq、銀行取引データで自動的に融資審査(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン