著名政治評論家の射殺から2年、現場に花束

カンボジア与党批判で知られていた著名な政治評論家ケム・レイ氏がプノンペン中心部の給油所で射殺されてから、10日で丸2年が経過した。同氏の仲間らが設立した草の根民主党の幹部らが現場に花束をささげた。 草の根民主党の幹部らは同日、同氏の殺害現場となったモニボン通りと…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

南部ストゥンハブの開発進む 中国が発電合弁、港は調査段階(07/17)

プノンペンの車両登録台数、220万台(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

主要国際空港、1~6月の旅客数23%増(07/17)

縫製労働者の技術向上が急務、AMRO指摘(07/17)

タイの不法就労者、1600人が強制送還(07/17)

世銀、高等教育と道路資産管理を支援(07/17)

中国、総選挙で政府機関ハッキングか(07/17)

28~29日は酒類販売禁止に、総選挙控え(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン