AD課税を延長、日米産の光ファイバー母材

中国商務省は10日、日本と米国から輸入する光ファイバー母材に対して実施している反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置を延長すると発表した。期間は11日から5年間。日本産には8.0~9.1%、米産には17.4~41.7%のAD関税を引き続き課す。 関税番号の70022010に分類される品…

関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般政治


その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:実に11年ぶりの故宮は…(07/16)

4~6月期のGDP、3.8%増 製造業やサービス業で伸び減速(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

貿易戦争で香港経済減速も 政府予測、下期に最大0.3Pか(07/16)

対米貿易黒字が13.8%拡大 摩擦激化も、上半期税関統計(07/16)

越境EC総合試験区、22都市に新設(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

零細企業とハイテク企業、優遇税制を拡大(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン