• 印刷する

テイクオフ:空気が乾燥しがちなイン…

空気が乾燥しがちなインドでは、一家に一つは肌荒れ防止のワセリンが置いてあると聞く。近所の薬局へ買いに行くと、あいにくの売り切れ。なぜか2軒目、3軒目の店も在庫なしだった。

どの薬局も反応は同じだ。在庫切れの理由は「知らない」。いつ入荷するかは「分からない」。4軒目の店員によると出荷が止まっているらしい。問題でもあったのかとメーカーのウェブを見たところ、ネット販売はしていて謎が深まる。

「暑い今の時期は売らないんだよ。溶けるから」。薬局の重いガラス扉を押すのに疲れたころ、年配の店主に教えられた。石油由来のワセリンは気温が40度近くになると溶け始める。ゆえに夏場は在庫を持たない。知ってみれば拍子抜けするほど単純な理由。勘が良ければとっくに気付けていたはず。だが単純だけに納得は大きく、不可思議の多いインドとの距離が少しだけ縮まった気がした。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

【人事】ユーグレナ副社長に永田暁彦氏ほか(09/21)

【訃報】奥村武平氏(元三菱油化常務)ほか(09/21)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン