微信支付、黄浦江の渡し船でも利用可能に

公共交通サービスなどを手掛ける上海久事(集団)は9日、公共交通機関の運賃を電子決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」で支払えるサービスを、上海市中心部を流れる黄浦江の両岸を結ぶ渡し船の一部航路で10日から試験的に導入すると発表した。ニュースサイトの澎湃新…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中秋節連休の旅客数、今年は9790万人(13:28)

テイクオフ:上海ガニの直売店を見か…(09/25)

「経済覇権主義」と米を非難 中国政府、貿易摩擦で白書(09/25)

東海岸鉄道、中国企業「中止ではない」(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

潜在内需を掘り起こし、党と政府が号令(09/25)

日系企業が中国生産見直し、業績悪化回避へ(09/25)

床材の美テツ、19年2Qにも東莞でSPC量産(09/25)

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン