エネ鉱省、マハカム鉱区の生産停滞に懸念

インドネシアの東カリマンタン州マハカム沖鉱区の天然ガスや原油の産出量が減少している。今年1月にオペレーター(操業主体)業務を引き継いだ国営石油プルタミナは、同鉱区の天然ガス産出量は上半期(1~6月)目標から16.7%、通年では20%、それぞれ下回ると予測している。 …

関連国・地域: インドネシア日本欧州
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

資源大手メドコ、英企業の買収額を引き上げ(03/23)

ライオンエア、IPOで10億ドル調達か(03/22)

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン