エネ鉱省、マハカム鉱区の生産停滞に懸念

インドネシアの東カリマンタン州マハカム沖鉱区の天然ガスや原油の産出量が減少している。今年1月にオペレーター(操業主体)業務を引き継いだ国営石油プルタミナは、同鉱区の天然ガス産出量は上半期(1~6月)目標から16.7%、通年では20%、それぞれ下回ると予測している。 …

関連国・地域: インドネシア日本欧州
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

首都の公共交通利用促進、駐車場削減が必要(12:57)

物流J&T、タイとフィリピンへの進出狙う(16:00)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:「赤色のシャツ、ブラウ…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

ボルトのメイラ本格生産開始 海外3拠点目、足元固め輸出視野(07/19)

独BMW、組み立てライン刷新に200億ルピア(07/19)

ヒューマンHD、海外初の保育園を開設(07/19)

インドマレット、1~6月の出店数は300店(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン