エネ鉱省、マハカム鉱区の生産停滞に懸念

インドネシアの東カリマンタン州マハカム沖鉱区の天然ガスや原油の産出量が減少している。今年1月にオペレーター(操業主体)業務を引き継いだ国営石油プルタミナは、同鉱区の天然ガス産出量は上半期(1~6月)目標から16.7%、通年では20%、それぞれ下回ると予測している。 …

関連国・地域: インドネシア日本欧州
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

グラブが新サービス、人気店の出前に特化(15:32)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:ある映画で、インドネシ…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

【この人に聞く】輸出や小売り事業を強化 緑化植物大手ブナラナーサリーズ(09/24)

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/24)

19年選挙戦、7カ月間の選挙運動が開始(09/24)

インドネシア大統領選開始 来年4月投開票(09/24)

今年と来年5.2%成長、高まるリスク=世銀(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン