バンテン州の再ガス化設備、建設を中止

インドネシアの国営石油プルタミナは、バンテン州ボジョネガラで計画していた液化天然ガス(LNG)の再ガス化設備の建設中止を決めた。周辺地域のガス需要が想定を大きく下回ったためだ。10日付インベストール・デーリーが伝えた。 9日の国会第7委員会(エネルギー・鉱物資源…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアでタクシー小…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

1~6月の新車輸出は3%減 ガイキンド、越規制じわり影響(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大和ハウス、海外最大の都市開発事業が始動(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖(07/23)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/23)

辺境地への航空輸送事業、来年度予算増額へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン