• 印刷する

暴言は容認、人種差別発言は不可=FW委

オーストラリアの労使裁定機関フェアワーク委員会(FWC)はこのほど、郵便局オーストラリア・ポスト(AP)の傘下で、陸運大手スター・トラック・エクスプレスが、職場での不適当な言動を繰り返したことを理由に労働者を解雇した件について、スター・トラックを支持する裁定を下した。FWCは、職場での暴言は容認できても、人種差別的発言は認められないとの基準を明確にした。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

スター・トラックは先に、同僚に対して「ココナツ」や「タオル頭」などと、特定文化圏の出身者をおとしめる暴言を繰り返していたことを主な理由とし、フォークリフト運転手を解雇していた。

発言は同僚に対する冗談だったと主張する同運転手は、所属する運輸労組(TWU)を通じて、解雇無効を主張しFWCに裁定を求めていた。

FWCのケンブリッジ委員は「特定の職場によっては乱暴な言葉遣いや罵声が容認されているが、相手を特定する発言は認められない」と述べ、人種や文化に関わる罵声は一線を越えたもので容認できないとし、スター・トラックを支持した。

TWUは「解雇されたフォークリフト運転手は、同僚を攻撃するつもりはなく、楽しませるつもりだった」とし、実際に彼に対して不満を述べた同僚はいなかったと指摘した。

この点について、ケンブリッジ委員は同運転手の意図を認めたものの、不平が出ていなくても後になって問題が明らかになる、セクハラ犯罪告発のムーブメント「#MeToo(「私も」の意)」に一致するものだとし、同運転手と労組の言い分は認められないとしている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

〔ポッサムのつぶやき〕トランプ大統領訪豪へ、でもゴルフ目当て?(16:15)

テイクオフ:米グーグルの関連企業が…(04/23)

三菱参画の軽鉄道、首都で開通 都市再開発に貢献、経済効果も(04/23)

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(04/23)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(04/23)

ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

FMG、3Qの輸出量が3830万トンに(04/23)

豪3月失業率5%に悪化、フルタイムは拡大(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン