• 印刷する

高級住宅建設禁止、政府が解除検討

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方自治相はこのほど、政府が高級住宅の建設を禁止する措置の解除を検討していることを明らかにした。住宅市場が回復し、100万リンギ(約2,750万円)以上の高額物件の供給過剰が解消されつつあるためで、近く実施する見込みだ。10日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

政府は2017年11月、1戸当たりの価格が100万リンギ以上の住宅建設事業を一時的に禁止する措置を発動した。中央銀行が7月に公表した報告書で、高級住宅の供給過剰が深刻化していると指摘したことを受けたものだ。

ズライダ住宅・地方自治相が同紙に明らかにしたところによると、政府は住宅需要が回復していることから、近く解除を決める予定。当初は特定のプロジェクトを対象に、100万リンギ以上の住宅建設を認める方針だ。しかし、自身が必要と判断すれば、全面的な解除を閣議で提案するとしている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビの中のキャスター…(12/19)

11月の新車販売1.8%減 乗用車、2カ月連続4万台超え(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

RM=26.9円、$=4.17RM(18日)(12/19)

スコミ、ムンバイのモノレールで契約解除(12/19)

金融CIMB、高速運営PLUSに法的措置(12/19)

タクシー専用配車アプリ、2種類登場(12/19)

投資WZサトゥ、複線電化で1.3億リンギ受注(12/19)

公営住宅の賃貸契約期間、外国人は最長2年に(12/19)

EPFとPNB、英バタシー2期買収完了へ(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン