高級住宅建設禁止、政府が解除検討

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方自治相はこのほど、政府が高級住宅の建設を禁止する措置の解除を検討していることを明らかにした。住宅市場が回復し、100万リンギ(約2,750万円)以上の高額物件の供給過剰が解消されつつあるためで、近く実施する見込みだ。10日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

政府は2017年11月、1戸当たりの価格が100万リンギ以上の住宅建設事業を一時的に禁止する措置を発動した。中央銀行が7月に公表した報告書で、高級住宅の供給過剰が深刻化していると指摘したことを受けたものだ。

ズライダ住宅・地方自治相が同紙に明らかにしたところによると、政府は住宅需要が回復していることから、近く解除を決める予定。当初は特定のプロジェクトを対象に、100万リンギ以上の住宅建設を認める方針だ。しかし、自身が必要と判断すれば、全面的な解除を閣議で提案するとしている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.6円、$=4.06RM(20日)(07/20)

SSTの免税品目案を公表 「自動車も対象」で混乱生じる(07/20)

SSTの詳細わかるまでは静観=イオン(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

ソニー、高級コンデジRX100VI発売(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

RM=27.7円、$=4.06RM(19日)(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

BMW、通年で2桁成長に自信=上期11%増(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン