資源採取産業、透明性改善も企業統治に問題

多国間の天然資源開発の協力枠組み「採取産業透明性イニシアティブ(EITI)」は、ミャンマーの採取産業の透明性は徐々にではあるが改善の方向に向かっているとしながらも、国営企業のコーポレート・ガバナンス(企業統治)には問題が多く国際水準に達していないと指摘した。ミ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

FMIエア、定期便を運休へ 事業開始6年、継続断念か(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

ダウェー道路建設、タイ政府に融資支援要請(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

大統領、GDP成長率7.6%増と加速を予想(07/19)

消費者保護委、製品の説明書義務付けへ(07/19)

エネ省、年内に海上石油ガス鉱区開発の入札(07/19)

ティラワ特区ゾーンB、区画販売が好調(07/19)

空港の拡張と新設を推進、利用者増に対応(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン