• 印刷する

豪NEC、NSW警察通信システム追加納入

NECのオーストラリア現地法人であるNECオーストラリア(豪NEC)は、ニューサウスウェールズ(NSW)州警察とマイクロ波通信システムの追加納入について新契約を締結したと明らかにした。豪NECはこれまでに180台の通信機器をNSW州に供給しており、今後は向こう1年間で追加のシステム導入を完了し、NSW州の警察官2万人の通信網を強化するという。【NNA豪州編集部】

豪NECの広報担当者によると、同社は2014年、NSW州警察のマイクロ波通信システムのサプライヤーに選定されており、今回の新規契約で、同社の小型通信システムであるiPasolink(アイパソリンク)110台をニューイングランド地区に追加供給する。NSW州警察は、同システムを使用して無線ネットワークのキャパシティーを増大させる計画だという。

豪NECによると、NSW州警察はオーストラリア特有の帯域である10.5ギガヘルツ帯の使用を計画していたため、対応する無線機器の調達が困難だったが、同社は解決策を期限内かつ予算内で打ち立てたと話している。

NSW州警察のブログデン氏は、無線通信網はかつてないほど強固になっているとし、「アイパソリンクは、NSW州の700万人の市民を守るために必要不可欠な無線通信ネットワークを支える。頑丈なだけでなく軽量なため、運用コストの削減にもつながっている」と評価した。

豪NECはこれまでに、NSW州警察のトリプルゼロ用コールセンターの運用管理代行サービスや、トランシーバーの基地局ネットワークの提供も行っており、5月にはスマートフォンに対応した指紋スキャナを1,000台供給する4,700万豪ドル(約38億9,330万円)の契約を締結している。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

豪格付け見通し、「安定的」に引き上げ(17:34)

日本の石炭火電離れ、豪石炭需要に影響か(17:34)

香港CKI、豪とNZの農地資産拡大を計画(17:34)

テイクオフ:友人の子どもが最近学校…(09/24)

中小企業の法人減税前倒しへ 豪モリソン政権、選挙見据え(09/24)

貿易紛争の激化で豪経済は縮小=RBA分析(09/24)

北部ガスパイプライン、サントスが利用契約(09/24)

独企業、QLDで廃棄物利用の発電所を提案(09/24)

下水処理水を飲用に、UNSW教授が提案(09/24)

キャセイ、豪カンタス航空と共同運航(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン