《日系進出》東洋アルミ、包装材料企業に33%出資

アルミニウム箔(はく)などの製造・販売を手掛ける東洋アルミニウム(大阪市)は10日、インドの医薬品用包装材料メーカー、スバム・パッケージング・インダストリーズの株式33.4%取得することで合意したと発表した。箔事業での海外進出はインドが初めて。

7月中の取引完了を見込む。取引額は非公開。スバムが北部ハリヤナ州ソニパットに持つ工場で自社製品を生産する。将来的には東南アジアなどへの輸出も検討する。

スバムは1998年創業で、首都ニューデリーに本拠を置く。医薬品向けの包装材料市場でトップシェアを誇り、2018年3月期の売上高は12億2,500万ルピー(約20億円)だった。90人の従業員を抱える。

東洋アルミは16年にパウダー・ペースト事業で地場企業と合弁を設立し、インドに進出。箔事業では初めての海外展開となる。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品製造一般金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界中で産業に変革をも…(07/17)

鴻海、インド最大のコンテナ港に新工場建設か(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

自動車業界、2年で6千億ルピー投資へ(07/17)

車部品のミンダ、独車載システム企業を買収(07/17)

ヤマハ、新型スクーターを今月下旬に発売(07/17)

二輪バジャジ、1Qはシェア16.3%に拡大(07/17)

地場リチウム電池、電動三輪メーカーに供給(07/17)

仏セメントのビカー、南部と西部に新工場(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン